Home » Articles posted by admin

理容美容の垣根がなくなる

現在は、理容と美容の区別が明確で、理容店と美容院とがあります。理容とは、髪の毛 の刈り込みや顔そりなどにより容姿を整えること、美容とは、パ ーマや化粧などにより容 姿を美しくすることを言います。 理容または美容を業として行う場合には、理容師法または美容師法に基づき都道府県知 事の免許が必要です。ただし、経営者が免許を持っていない場合でも、免許所持者を雇え ば理容店・美容院を開業できます。このように、現状では理容・美容の垣根があります。 しかし、実態は、理容店で免許を持った美容師を雇って理容・美容両方のサービスを提 供しているサロンもありますし、反対に、美容院で免許を持った理容師を雇って顔そりを 含めた理容・美容両方のサービスを提供しているサロンもあります。これらのユニセック スサロンのケースでは、外から見て、理容店・美容院の区別がつきません。サロンのお客 さんも男性・女性の両方が対象となります。 また、お客さんがどちらに行くかを考えると、これまでは男性は理容店に、女性は美容 院に行くことが多かったのですが、今は、男性が既存の美容院にいったり、女性が既存の 理容店に行ったりしています。これは、お客さんにとって、理容店・美容院の区別が大切 なのではなくて、「理容・美容サービスを提供してくれるところ」が必要であることを意 味します。

結婚式場での仕事

美容師にとって結婚式場の仕事は一つの業務です。しかしながら、美容室での仕事がひと通りできなければ、こなすことが難しいです。花嫁さんを思い浮かべてみてください。ヘアスタイルも化粧も服装も、一般の美容室での仕事とは違うことがわかるでしょう。洋装、和装の両方におけるヘアスタイル、メイク、着付け、ヘアスタイルを勉強する必要があります。ですから、ここで働く美容師のほとんどが30歳以上が多いようです。花嫁としても、若い美容師よりも、少し年配者の方が安心できる傾向にあるようです。結婚式の仕事は、結婚という人生において最も大事な一日において一番輝いているときに女性をyほり美しくすることができるものであることには変わりありません。 そして、花嫁と一緒に花嫁衣裳選びからヘアメイクまでつくりあげるのは、幸せの連続と言えるでしょう。 また、美容師の仕事としてヘアメイクの仕事があげられます。メイクアップアーティストのほとんどが美容師の資格を持っています。一見華やかそうに見えるヘアメイクアップアーティストの正解ですが、かなりの体力勝負ということです。重たい道具を持ち歩いて仕事をしなければなりません。そういった働き方を長く続けるには、スキルだけでなく体力も必要になってくるのです。 なお、ポスターなどの広告にかける費用は多いですが、近年は広告費用の減少によってポスターなどにかける費用は年々減って来ています。収入は多くなったり少なくなったりしますが、知名度のあるヘアメイクアップアーティストになると、他の仕事と比べると収入は高い方と言えます。