ダイヤモンドのカラー

ダイヤモンドのグレーディングで最も評価が難しく、価値に大きく関わってくるとされているのが、色を鑑定するカラーグレーディングです。カラーグレーディングには「マスターストーン」という比較用のダイヤモンドを使用。また、光源を均一にするため「ダイヤモンドライ卜」という照明の下で鑑別していきます。

グレードはDZに分けられ、最高の評価であるDのダイヤモンドは無色透明をしています。黄色みがかっていくにつれて評価が下がり、黄色のダイヤモンドがZとされます。

無色透明なダイヤモンドが最高級であると説明しましたが、ダイヤモンドにはピンクやブルー、グリーン、イエロー、ブラウンなど、「ファンシー・カラー・ダイヤモンド」と名付けられたキレイな色をしたダイヤモンドもあります。ファンシー・カラー・ダイヤモンドは通常のカラーグレーディングとは別の方法で鑑定されます。ピンクやブルーのファンシー・カラー・ダイヤモンドであれば、無色透明のダイヤモンドよりも高い価値があります。希少価値とそれぞれの石が持つ色の魅力度によって評価が決まってくるようです。結婚指輪にはピンクのダイヤモンドが合うと思いますが、グレードの高いため非常に高価になります。