宝石のカット

宝石が美しくみえるのには、カットが大きく影響しています。ダイヤモンドでも、エメラルドでも、カットされることで宝石としての美しさが引き出されます。宝石は長い間、人々を魅了し続けてきましたが、その過程でさまざまなカット方法が生み出されてきました。

特にダイヤモンドは、カット方法によって驚くほど輝きに違いが出てくるため、ダイヤモンド選びにはカットも大切になってくるのです。

数あるダイヤモンドカット方法の中で、最も有名なのが「ラウンドブリリアン卜カット」でしょう。これは海外のとある研磨師が編み出した、ダイヤモンドを最も美しく輝かせるカットとして現代でも広く使われています。ラウンドブリリアントカットが持つ理想のプロポーションは、グレーディングの基準にもなっているほどです。

宝石をカットする際に重要なのが、原石の持つ特性が失われないように適切にカットするということです。そのため、同じラウンドブリリアントカットのダイヤモンドであっても、カットする原石や研磨師の腕によって差が出ることもあります。ダイヤモンドのシンメトリーが美しいほど、評価が高くなります。

ほかに、最近はラウンドブリリアン卜カットとともに、ファンシーシェイプといわれる形も結婚指輪に人気です。